消費者金融一覧

借りやすい金融業者

キャッシングをする上での注意点

借入件数や借入総額が増えてくると、金融業者は貸したお金が返済不可能となることを恐れて、警戒が強くなってきます。それは審査にも大きく影響してくることから、審査で落とされたり新規の融資を断られたりする人の大半は、借金総額に問題があるのです。

逆に、借入件数と借入総額の少ない人には、金融業者は新規の融資を勧めてきます。これが優良顧客と多重債務者の違いなのですが、消費者金融も人にお金を貸して利益を得るのが商売なので仕方ないでしょう。

0借りやすさで評判!金融一覧
消費者金融


金融会社

また、キャッシングする上で、借りやすさと返しやすさは重要なポイントですが、借りやすさのみ追求することは非常に危険です。審査の甘さは魅力的な項目ですが、同時に金利の高さも付いてきますし、支払いが遅延した場合の取り立て行為も厳しくなってきます。

毎月きちんと返済をしていれば問題ないのですが、生活する上で何かしらの問題が発生して、支払いが出来なくなる場合もあります。中には非合法なヤミ金融組織も混じっている場合がありますので、借入をする際には十分な注意が必要です。

契約書の隅々まで目を通し、更には金融関連の掲示板の口コミを閲覧して参考にすることも大事です。

0

消費者金融の選び方

まず最初に今現在、本当にお金が必要か否かを熟考してみましょう。金銭賃借業者からお金を借りることで、必然的に元金と利息を支払う義務が発生します。可能であれば、お金は借りないほうがいいに決まっています。

しかし、人間が社会生活を営む上で、どうしてもお金が必要なシーンに直面することは、回避出来ません。どうしてもお金を借りなければならない状況にあるのなら、少しでも金利が低い金融業者からキャッシングをすべきです。

金利が低い金融会社とは、大手メガバンク系列の消費者金融です。大手なら年利5%以内で借りれますし、一定期間金利のかからない無利息ローンなどを上手に活用することで、無利息でお金を借りることが出来ます。

しかしながら、誰しも大手消費者金融でキャッシングができるとは限りません。基本的に大手は優良顧客のみ相手にしています。したがって、他社から複数の借り入れがあったり、過去に債務整理をしているような方は、審査には通りません。

そういった方は、中小以下の消費者金融を選択することで、審査に通る可能性が高くなるでしょう。

消費者金融とは

消費者金融とは、個人の信用を担保に無担保・無保証で融資をする金融業者です。銀行ローンのように担保が不要なことから、庶民の身近な金融業者として広く認知されていますが、現在の形態に辿り着くまでは紆余曲折がありました。

昭和30年から40年の高度経済成長期にサラリーマン金融として、利用者が拡大していった反面、高金利での貸付と過酷な取り立て行為が社会問題となり、サラ金の悪名は一気に広まったのです。その後、しばらく鳴りを潜めていたサラ金業者ですが、今度は消費者金融の名を変えて一気にブレークしたのです。

テレビCMなどによって益々認知度が高まった消費者金融は、一部上場をはたすまでに上っていきました。これほどまでに利用者が多いのは、銀行などの金融機関が個人への融資をしてこなかったことがあげられます。

最近、ようやく銀行がカードローン事業に乗り出しましたが、もう少し早くやっていれば、数多くの多重債務者を生み出してこなかったことでしょう。

最終更新日 2017/10/15

お金を借りる際のポイント