消費者金融一覧

金融

消費者金融の業者

「借入件数7件以上でも融資可能」だとか、「専業主婦でも借りれる!」といった威勢のいい宣伝を並べているサイトがありますが、実態は闇金融であったり、クレジットカードの現金化などがその正体です。

実際は、お金を貸す側も商売なので、そんな危険が伴うような相手に融資をするはずがありません。借入件数が6件を超えてしまうと、毎月の支払いだけでも大変な金額になってしまいます。おそらく十中八九債務を完済する手立ては考えられないのが実態ではないでしょうか。

現在の債務を圧縮して完済するためには、まず借入件数を減らしていくことです。おまとめローンで一本化できればそれに越したことはないのですが、残念ながら借り換えローンの審査は厳しいのが現実です。

大手消費者金融の参入

キャッシング業界では総量規制の施行で上限金利が低くなったことや、大手銀行系の本格参入などで競争が激化しています。

消費者側とすれば、金融サービスが向上することで歓迎すべきことですが、それは借入件数が3件以内の優良顧客しか該当しません。借入件数が4件以上の多重債務者にとっては、借入先を探すのに苦労する有様です。

その理由は、以前のように営業利益が出なくなったサラ金業者にとって、融資の焦げ付きはそのまま経営本体にも響いてきます。よって、その可能性が高い多重債務者などは敬遠されるのは当然の成り行きといっていいでしょう。

今現在、借入件数が4件以上もの多重債務を抱えている人間に融資をしてくれるような消費者金融は、中小の中でも数えるほどしかないはずです。