金融

金融

サラ金について

消費者金融といえば、昔は「サラ金」と呼ばれていて、金利は高く非常にイメージの悪い金融業者だったことは紛れもない事実です。極端に言えば「サラ金で借金をしている男とは結婚させない」という親もたくさんいたほどです。当時のサラ金の金利は29.2%という金利が設定されることが多かったようです。

例えば50万円を金利29.2%で借りて、毎月およそ1万5千円返済をして、5年で完済したとします。すると、返済総額は100万円近くになります。借金をしていない人と比べて、50万円も損をしていることになるので、「そんな男とは結婚させない」という気持ちもわかります。

ローン

しかし、貸金業法や出資法などの法律も改正されて、現在の消費者金融は銀行との差がそれほどありません。「無利息期間」などを含めると、銀行カードローンよりもお得に借りられるというケースもあります。現在の消費者金融のキャッシングは、カードローンと同じ性質を持っているということも特徴的です。

キャッシングでは原則として借りたお金を翌月に一括返済しますが、現在の消費者金融のキャッシングは、限度額の枠内ならば何度でも融資が可能で、毎月最低返済額以上を返済していけばよいことになっていて、毎月の返済負担も低く設定されています。キャッシングという名前がついていても、実際にはカードローンという商品になっています。

消費者金融のイメージは昔と比べて良くなっているものの、金利18.0%というのはかなりの高金利です。計画的に利用して、できるだけ早くに返済してしまうことが大切です。