金融

金融

総量規制の影響

近年、消費者金融業界にとって大きな影響を与えているのが過払い金返還請求と総量規制です。過払い金の問題については多くの弁護士や司法書士などが対応しており、体力のない金融会社は潰れていっています。体力のあるところでもダメージは小さくありません。

しかし、次第に時効を迎えるものも増えていっており、過払い金の問題についてもひと段落してきたところです。総量規制は銀行系のカードローンは対象外なため除外されますが、それ以外の金業者にとっては大きな問題です。

対象外

年収の3分の1しかキャッシングできないことになり、今までよく利用していた専業主婦などがお金を借りづらくなっています。また、中小の消費者金融はもともとのターゲットが多重債務者ですが、そのような人はすでに年収の3分の1まで借りていて新たな貸し出しは不可能になっていることがほとんどです。そのような中、各消費者金融が力を入れているのがおまとめローンです。

複数の金融会社からキャッシングしている人をターゲットにしています。その債務を一本化して金利を安くしたり返済の手続きを楽にすることができます。おまとめローンは債務者にとって有利になるキャッシングになるため総量規制の対象外となっているため、各社とも力を入れています。

また、中小の消費者金融では、自己破産などの債務整理をしたことがある人にも対象を広げています。それらの人は借金がほぼない状態で新規借り入れを申し込む上、総量規制により過度の借金ができないため、いい顧客になっているようです。